kobayashi

NAOHIRO KOBAYASHI

フリーペーパー「鶴と亀」を発行している、小林直博さん。
鶴と亀では、地方のイケてるおじいちゃんやおばあちゃんの魅力を、地元である飯山、”奥信濃”から発信。なぜ大学を卒業後、地元へ帰ってきた彼が、おじいちゃんやおばあちゃんの魅力を発信し続けるのか。彼らの魅力とはなんなのか。小林直博さんが、彼らに魅せられた理由や今もなお発信し続けている理由を語る。